• 新製品
  • こだわり
  • 製品紹介
  • 豆腐レシピ
  • お問合せ

食品衛生への取り組み

当社では、お客様に安心してお豆腐や油揚げを召し上がって戴くために、常に衛生面の管理を見直しております。従いましてここで申し上げる内容につきましても、最終報告ではなく、あくまで途中経過であるとご認識下さいますようお願い致します。ただ基本方針と致しまして、比較的雑菌の多い原料大豆より衛生的に豆腐・油揚げを製造する為には、一にも二にも煮沸工程での完全な加熱処理が基本に有るという事、これが不完全ですと、相当数の雑菌が残り豆腐・油揚げの腐敗変質を早めます。

そこで当社では自社開発の煮釜にて完全な煮沸による雑菌の無い豆乳からスタートし、その後の工程でいかに雑菌を付けない、増やさないという事を基本に考えております。

一、煮釜に電子制御装置を取り付け煮沸不足の場合アラームランプで知らせる。
一、製造作業終了後の清掃作業で豆腐粕等の雑菌の巣となるものは完全に除去する。
一、製造作業前にライン全部に100℃に近い熱湯を循環させラインを殺菌する。
同時に、使用する道具類、布はボイル消毒または、アルコール消毒を施す。
一、製造作業前に作業員の手指もアルコール消毒を施す。
一、消毒作業が行えない、又行っても充分に消毒出来ない様な木製の型箱等は
可能な限り使用しない。
一、使用水の残留塩素は毎日チェックする。
一、冷却水の製造能力に余裕を持たせ、常時温度管理(5℃以下)を行い
製品の中心温度を素早く10℃以下にする。
一、冷蔵庫にオゾン殺菌装置を取り付け、黴等の発生を予防しています
一、業者に依頼して、定期的に害虫駆除の処理を行っています。
一、超音波によるネズミ畏日避装置を設置しています。
一、冷蔵庫に一週間以上放置した商品の菌数検査を定期的に行っています

株式会社 高丸食品 

豆腐、豆乳の通信販売

ページトップへ△


トップ新製品こだわり製品紹介豆腐レシピ出来たて豆腐をご家庭で高丸のとうふ便り
Copyright ©  株式会社高丸食品