湯葉あんかけ丼

「湯葉」は豆乳を加熱した時に表面に張る、たんぱく質の膜です。

語源は豆腐の上物(とうふのうはもの)が略されて「うは」となり、
さらに、「ゆば」に変化したという説と、黄色くて皺(しわ)がある
ところが老女の姥(うば)の皮膚の感じに似ているところから「うば」
が変化して「ゆば」となったという説があります。

今回は湯葉を使った「湯葉あんかけ丼」をご紹介します。

簡単ですが高級感があり、やさしい味に癒されるレシピが出来あがりました。

ぜひ作ってみてくださいね(^_^)