おろしきつねうどん

きつねうどんは明治時代に大阪の「松葉屋」で生まれました。

酢飯を揚げで包んだものを「稲荷寿司」というように「油揚げ」はきつねが好むものだと思われていたからです。

関西では油揚げがのったうどんを「きつねうどん」と言い、そばに油揚げがのったものは「たぬきそば」と言います。

一方関東では「たぬき」といえば天かすの入ったそばやうどんを指すのです。

地域性があって面白いですね!

さて今回のメニューは油揚げのサクサクの食感が楽しめる「おろしきつねうどん」です。

お試しくださいね!

Be Sociable, Share!

コメント

コメントする