秋のキノコ入りガンモ part.Ⅱ

昨日に続き、2番目はちょっと変わった煮炊きしない、焼いて食べるガンモを作ってみました「舞茸&貝柱のふわふわガンモ」
舞茸はその個性的な香りから煮るより炒めたり焼いたりするのが似合うようです。
焼いたり,炙ったり,チン(レンジ)したり色々楽しめるガンモになりました。
調理例
超簡単にレンジでチンしたり、網で焼いたり、ガス火で炙ったり、オーブントースターで焼いたり、レンジで温めると全体が柔らかくなります。それも良いのですが、皮をカリッと成るまで炙ったりすると香りも強く、匂いとカリッとした食感、柔らかい中身と舞茸のシャキット感・・・ 色々楽しめてホントお得です。
タレは、マヨネーズをベースに醤油、辛子、を混ぜても良し。辛子醤油、柚子胡椒もとてもよく合います。和辛子がちょっときつい方はマスタードオンリーも美味しいですよ。ポン酢なども合うと思います。色々と好みに合わせてお試し頂いたら楽しめます。
舞茸&貝柱のふわふわガンモ
舞茸&貝柱のふわふわガンモ炙り
串に刺してガス火で炙ってみました、皮がカリッと良い感じです
舞茸&貝柱のふわふわガンモオーブン
オーブントースターで簡単に焼けます。一度に沢山焼いて下さい
(一個だけだとエコで有りません。スミマセン)

続きを読む

秋のキノコ入りガンモ

 秋になると美味しい物が目白押しです、脂ののった秋刀魚、柿、栗、サツマイモ、新米、そして松茸に代表されるキノコ達も秋が本番です。今は栽培法も進み年中美味しく食べられるキノコも増えましたが、なんと言っても旬は秋。そこで弊社ではキノコを使ったガンモに挑戦してみました。
1番は香りマッタケ味シメジと言われるシメジをメインに使ったガンモ。
「シメジ椎茸入り割烹ガンモ」
椎茸も入れてさらに味の膨らみを持たせました。
料理法はやはりオーソドックスに昆布だしをベースにしたお出汁で煮て頂くのだがベストです。このガンモは美味しい出汁を含んで驚くほど大きく美味しくなります。お出汁に入れる前に熱湯を掛けて油抜きをして頂き、お出汁に入れたら落としぶたをして頂くと大変早く煮上がり出汁もしっかり入ります。昆布とシメジ椎茸の旨味が本当に美味しい秋のハーモニーを奏でてくれます。柚子の香りもさわやかです。
シメジ椎茸入り割烹ガンモ
シメジ椎茸入り割烹ガンモ煮物

続きを読む

サーモン豆腐フランクのメニュー

サーモン豆腐フランクを使った調理例
オープンサンド バケット、ルヴァンクッペなどに載せてお手軽です
パンにガーリックオイル(バターベース、オリーブオイルベースどちらも良く合います)を塗り、好みでマスタードを塗って頂いてもパンチが有ります。その上にレタス、チーズを重ねて上にサーモン豆腐フランクを載せて頂きます。野菜はキュウリもOKです。①はチーズ使用、③はミニクロワッサンに挟みました。

番号が小さいのでクリックして大きな絵で確認下さい。
④はとろけるチーズを使いパプリカ,ズッキニー、ジャガイモをガーリックバターで炒めて置きパンに載せて軽くオーブントースターで焼きました。最後に擂り立てのブラックペッパーを大人の方は是非振って下さい