おろしきつねうどん

きつねうどんは明治時代に大阪の「松葉屋」で生まれました。

酢飯を揚げで包んだものを「稲荷寿司」というように「油揚げ」はきつねが好むものだと思われていたからです。

関西では油揚げがのったうどんを「きつねうどん」と言い、そばに油揚げがのったものは「たぬきそば」と言います。

一方関東では「たぬき」といえば天かすの入ったそばやうどんを指すのです。

地域性があって面白いですね!

さて今回のメニューは油揚げのサクサクの食感が楽しめる「おろしきつねうどん」です。

お試しくださいね!

Be Sociable, Share!

お肉みたいなお豆腐レシピ②「冷凍豆腐の唐揚げ」

豆腐を凍らすとお肉のような食感に変化します。

木綿豆腐は高野豆腐のように固くなり、絹ごし豆腐は湯葉を重ねたような優しい食感になります。

豆腐の原料である大豆は畑のお肉と言われるほど、良質のタンパク質が豊富です。

お肉と比べて低カロリーなのも嬉しいですね!

豆腐を冷凍して解凍すると、スポンジのようになり、味も染み込みやすくなります。

アイデア次第で色々なメニューにアレンジできるのも楽しい所です。

今回は「冷凍豆腐の唐揚げ」をご紹介します。

唐揚げにそっくりな食感になりますよ。

チャレンジしてみてくださいね!

Be Sociable, Share!

お肉みたいなお豆腐レシピ①「茄子と豆腐のそぼろ炒め」

まるでお肉みたい!にお豆腐を使ってみませんか?

「畑のお肉」と言われている大豆でできた豆腐は「たんぱく質」が豊富です。
「たんぱく質」は体を作り、生命を維持するのに欠かせない重要な栄養素です。
豆腐は肉に比べてカロリーが低く、値段が安いのでダイエットにおすすめの食材です。
毎回冷奴ばかりだと飽きてしまいますがお肉の代わりに料理にとり入れることでとでカロリーを
おさえて満足感も得られまよ。

今回ご紹介するのは「茄子と豆腐のそぼろ炒め」です。

ぜひお試しくださいね!

Be Sociable, Share!

「第三回豆腐料理教室」by味付けアドバイザー協会

3月から始まったこの豆腐教室も3回目となりました。大阪平野町の味付けアドバイザー協会さんのテストキッチンで10名ほどの熱心な生徒さん皆で仲良く「いなり餃子」などを作って、最後試食をしながら私が豆腐のお話などを少しお話し、大豆による豆腐の味への影響など食べ比べして頂きました。

 

 

Be Sociable, Share!

次のページ »